• 2018.6.28

【八雲庵】6月30日は水無月を食べて無病息災

年に二度、6月と12月の晦日に行われる大祓は半年の間に身に積もった罪やけがれを祓い清める神事です。

6月の神事は「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」とも呼ばれ、暑い季節、病にかからぬようにとの願いがこめられています。

「水無月」は三角形の形=氷に見立てたういろうに、邪気を祓うとされた小豆を一緒にいただくお菓子で、京都を中心に6月30日に食す習慣がございます。

「水無月」を食べて、夏の暑さを乗り切りましょう!

※6月30日()と7月1日()の夏越大祓に、出雲大社相模分祠境内でも販売致します。ぜひお試しください。

「水無月」PDF

1個180円(税込)

関連記事

ピックアップ記事

2020.2.12

【2月】衣裳試着あり・花嫁体験フェアのご案内

お衣裳を重視される新郎新婦様にオススメ☆ 白無垢、色打掛、引き振袖・・・結婚式を華やかに彩る和装がたくさん。 本物の花嫁衣裳を試着で…


カテゴリー

トップへ戻る