• 2018.6.28

【八雲庵】6月30日は水無月を食べて無病息災

年に二度、6月と12月の晦日に行われる大祓は半年の間に身に積もった罪やけがれを祓い清める神事です。

6月の神事は「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」とも呼ばれ、暑い季節、病にかからぬようにとの願いがこめられています。

「水無月」は三角形の形=氷に見立てたういろうに、邪気を祓うとされた小豆を一緒にいただくお菓子で、京都を中心に6月30日に食す習慣がございます。

「水無月」を食べて、夏の暑さを乗り切りましょう!

※6月30日()と7月1日()の夏越大祓に、出雲大社相模分祠境内でも販売致します。ぜひお試しください。

「水無月」PDF

1個180円(税込)

関連記事

ピックアップ記事

出雲記念館の七五三

【七五三】予約受付中!!

本年、七五三を迎えられる皆様 誠におめでとうございます! 七五三の準備はいかがですか?まだの方もご安心ください。 9月の最…

LINE@はじめました!

お友だち追加でお得な情報やLINE@限定のクーポンを配信。 友だち登録で今すぐ使える500円クーポンプレゼント!

出雲大社相模分祠 ブライダルフェア

カテゴリー

トップへ戻る